痩せたい人必見!太りやすい食べ物3選

こんにちは!パーソナルジムPLUMEのトレーナー三好です。今回は、太りやすい食べ物を3つ紹介していきます。

何が原因で太ってしまったのだろう。

今の食事を見直したい。

痩せている人は何を食べているの?

など痩せたいと思っている人や今減量中の人は、一度は考えたことがあると思います。

今回は、この食べ物を食べてしまうと必ずと言っていいほど太ってしまう食べ物を3つ厳選して、ご紹介します。

また、併せて太ってしまう食べ物の共通点なども解説していきます。

絶対に痩せたい人は最後までご覧ください!

太りやすい食べ物・摂取カロリーが高い「太る食べ物」

まずは、太りやすい食べ物の特徴を考えてみましょう。

太りやすい食べ物は、当然ではありますが、カロリーの高い食べ物です。

それでは、カロリーが高い食べ物はどのようなものを指すのか考えてみましょう。

少量なのに、カロリーの高い「油脂類」

まず、1つめに「少量でカロリーが高いもの」。

これは「油脂類」が挙げられます。

人間のエネルギー源になる三大栄養素は、炭水化物(糖質)、たんぱく質、 脂質(油脂類)です。

炭水化物たんぱく質は、1gあたり4kcalのエネルギーを作り出すことができ、脂質1gあたり9kcalのエネルギーを作り出すことができるといわれています。

そのため、油脂類は炭水化物やたんぱく質よりも、少量でカロリーが高くなります。

油脂類はバターやマーガリン、サラダ油、ごま油、オリーブオイルなど、それぞれ油脂の性質が異なるため、健康に対する影響はさまざまですが、作り出すエネルギー量はすべて同じ9kcalです。

カロリーの面から見ると、どの油が優れていて、どの油が体に悪いと区別することはできません。

たくさん食べてしまいがちな「炭水化物」

2つめは「一度にたくさん食べられるもの」。

これは「炭水化物(糖質)」が挙げられます。

炭水化物は1gあたりのエネルギー量は低いのですが、米やパン、 麺類など主食に多く含まれているため、1食あたりに食べる量が他の食材と比べて多いのです。

しかも、味が日本人好みのあっさりした味で、どのような食材と組み合わせても相性バッチリ。

知らず知らずのうちにたくさんの量を食べてしまうのです。

その他、菓子類などに多く含まれる砂糖も、甘い味を欲して食べ過ぎてしまうことがあります。

このような理由から、洋菓子などは「小麦粉(炭水化物)、バター(油脂類)、卵(たんぱく質・油脂類)、砂糖」が主原料で、ビタミンやミネラルも少ないので、太りやすい食べ物の典型的な食品といえます。

太りやすい食べ物は、「油脂類」「炭水化物」が必ず多く含まれます。

そのため、このようなものが含まれるものは、ダイエット中は控えていきましょう。

太りやすい食べ物3選

カツカレー/1103kcal

ボリューム満点の見た目と比例するように、1食あたり1103kcalと超高カロリー。

揚げ物に炭水化物(ご飯)、さらにはカレーと太る要素満載のメニューです。

炭水化物が多く134.68g、脂質が47.06g、たんぱく質が26.73gとなっており、ビタミン・ミネラルではモリブデンとセレンの成分が高い。糖質の量は129.71g。

カロリーが爆発的に多い、「カツカレー」

ダイエット中は、食べるのを控えましょう。

ピザ/872kcal

ピザのカロリーは501g(直径20cm 一枚)で872kcalのカロリー。

ピザは100g換算で174kcalのカロリーで、80kcalあたりのグラム目安量は45.98g。炭水化物が多く97.9g、たんぱく質が39.73g、脂質が35.72gとなっており、ビタミン・ミネラルではビタミンB12とナイアシンの成分が高い。糖質の量は90.64g。

パーティメニューの定番「ピザ」、糖質(生地)+脂質(チーズやオリーブオイル)の組み合わせで、非常に太りやすい食べ物となっています。

生地が薄いクリスピータイプのピザを選ぶのがおすすめです。

ラーメン/470kcal

ラーメン」の種類やトッピングにもよりますが、家系ラーメンだと1,000kcalオーバーの場合も少なくありません。

もちろん脂質も高めです。しょうゆラーメンなどシンプルなものを選び、スープは飲み干さないことをおすすめします。

味やお店によってカロリーが変わるため、もし食べる際は、商品選べからが大切です。

まとめ

・油・炭水化物が二つとも含まれているものが太りやすい食品である

・太りやすい食品にも、メーカーやお店によってカロリーが違う可能性があるため、もし食べる際は、調べるようにする

・食べてしまった時の対処法→https://plumegym.com/overeating-next-day-approach/

特にダイエット中は、太りやすい食べ物を避け、計画的に減量していきましょう!


この記事を書いたトレーナー

・全米エクササイズ&コンディショニング認定トレーナー
・元消防士 救命ランナーとしてフルマラソン3回完走
体質改善・ボディメイク・アライメントケアが得意です

パーソナルジムPLUME溝の口では、ダイエット・ボディメイクに特化したトレーニング・食事方法を提供しております。

“人生最後のダイエットにしたい“・”絶対に体を変えたい“そんな方を徹底サポート致します。 理想のカラダを手に入れるダイエットやボディメイクに初めて挑戦される方、 本気でトレーニングに向き合える方におすすめいたします。

無料カウンセリングはこちら
LINE@からのお問い合わせも受け付けております⬇︎ 友だち追加

 

 

関連記事

  1. 気になるセルライトを消滅させる方法

  2. ストレッチの効果と上手に伸ばすコツ

  3. 脚の浮腫み、原因と改善方法

  4. ダイエットをしている人必見!「朝ごはんは食べた方がいいの?」…

  5. お腹の引き締めに必要な事

  6. ダイエット中にトレーニング出来ない日の食事