理想の体を作るには自分に合った「正しいフォーム」が大事

こんにちは!
パーソナルジムPLUMEトレーナーの村越です。

突然ですが、トレーニングをする際の「正しいフォーム」って何か分かりますか?

パーソナルトレーニングを受ける場合、

・筋トレのやり方が分からない
・正しい食事方法が分からない
・正しいフォームが知りたい

など色々あると思いますが、最終的に皆さん『綺麗な体を手に入れて健康的な生活を送りたい。

というのが目的であり、目標だと思います。

そして、これに対しパーソナルジム側も「正しいフォームを指導します!」とホームページで謳っています。

この正しいフォームってなんなのでしょうか?

これを理解している方はあまりいないと思います。実はパーソナルトレーナーとして、指導しているトレーナーもこれを理解していない場合が多くあります。

正しいフォームで綺麗な引き締まった体を作る

理想の体は人それぞれ違います。

必要なところに筋肉をつけて、つけたくないところにはつけない。

そのために、必要なのは「正しいフォームでトレーニング行う事」です。

この正しいフォームでトレーニングをする事が出来れば、怪我を防ぐ事も可能です。

パーソナルトレーニングの良いところは、その人の癖や姿勢分析に基づき体にあったトレーニングフォームで行える事です。

最近は本やYoutubeなどで筋トレのフォームを見る事が出来る様になりましたが、そのやり方で上手くトレーニングを行える人もいれば、そうでない人もいます。

例えばスクワットのフォームで言われるのはこんな事。
・お尻を引いて下さい。
・膝を前に出さないで下さい。
・前を向いて下さい。

このようなスクワットのやり方を見たり、聞いたりした事ありませんか?

このスクワットのやり方は、骨盤が落ちていて(=猫背)で股関節が硬い人にとっては良いフォームになります。

一方で、骨盤が上がり過ぎていて(=反り腰)で踵に重心が寄る癖のある人には、崩れた姿勢を更に強調する様なフォームになってしまいます。

脚を細くするために、スクワットをやり始めたのに「腿が太くなった…」という方が非常に多いです。

正しいフォームだと思っていた方法が、実は自分の体には合っていなかったのです。

このような方の場合、

・お尻をキュッと締める(骨盤を下げる)
・膝から下に降りる(膝関節を使って降りる)
・下を向く(腰が反り難くなる)

全く逆の事を意識すると上手にスクワットが出来る様になります。

このように「正しいフォーム」は人それぞれ違います。

体の大きさや、柔軟性など皆違うように、「正しいフォーム」も皆違います。

自分にあった「正しいフォーム」を見つける事が大事

YouTubeや本などで紹介されているトレーニング方法が自分にあっていればそれでいいのですが、もし合っていないフォームでトレーニングをしていれば、思い通りの体にならないばかりか、怪我をしてしまう可能性もでてきます。

自分の理想の体に近づくに、自分にあった「正しいフォーム」を見つける事が重要です。

自己流で上手く出来ない人は、信頼できるパーソナルトレーナーに自分の体を見てもらい、癖や姿勢に基づいた体にあった正しいフォームを身に付けトレーニングしていくと最短で理想の体を手に入れられますよ。

以上「正しいフォーム」についてでした!


この記事を書いたトレーナー

・トレーナー歴10年
・ダイエット&ビューティースペシャリスト
・某大手女性専門ジムにて年間100人以上に指導
・トレーナーを育成する教育担当経験有
体質改善・美脚・美尻作りが得意です

パーソナルジムPLUME溝の口では、年間1000セッション以上指導を行う経験豊富なトレーナーがあなただけの完全オリジナルメニューを作成致します。

“人生最後のダイエットにしたい“・”絶対に体を変えたい“そんな方を徹底サポート致します。

無料カウンセリングはこちら
LINE@からのお問い合わせも受け付けております⬇︎ 友だち追加

関連記事

  1. 痩せたい人必見!太りやすい食べ物3選

  2. GLP-1ダイエットって効果ある?【実は危険な方法です】

  3. オートミールは本当にダイエット効果があるの?

  4. ダイエットに役立つ【プロテインの選び方とおすすめ】について!…

  5. ダイエット中のお酒の飲み方はどうしたらいいの?

  6. ボディメイクとダイエットの違いって何?あなたの理想の体はどっ…