太っている人必見!痩せるための習慣とは!?

こんにちは!パーソナルジムPLUMEのトレーナー三好です。今回は、痩せるための習慣についてご紹介します。

痩せるために一番重要となってくるのは、「毎日の食事」です。

しかし、

「食事を気にしているのに全く痩せない」

「野菜しか食べていないのに痩せない」

という人は多いのではないでしょうか。

そういった場合は、その気にしている食事こそが逆の効果を生んでしまい、痩せにくくなっている可能性があります。

ダイエット時に摂るべき食材、食事のタイミングなど、痩せるためにはいくつかルールがあります。

そんな痩せるための食習慣を今回の記事を通して理解していきましょう!

「なぜ痩せないのか」の原因と間違っている習慣を見直そう

単純に言えば、消費カロリーよりも摂取カロリーが上回れば、消費されなかったカロリーが脂肪として蓄積されて太っていきます。

しかし、

「カロリーをとっていないのになぜ痩せないのか」

という疑問を抱いている人が多いのではないでしょうか。

そんな「痩せられない人」にはこんな「特徴」があったりします。

・いつでも痩せられると思っている

・ずっと食べ物の話をしている

・自宅でも外出先でも動かない

・“生理前だから”を言い訳にしている

どれも身に覚えがあるという方はもちろんですが、1つでも当てはまった人は「要注意」です!

ダイエットには色々な種類があり、今ではインターネットが出回り過ぎて、どの方法が正解かわからないと皆さん感じているところだと思います。

ダイエットには、自分の体質やライフスタイルに合うもの・合わないものがあります。

100人いたら100通りのダイエットがあると思っておいたほうがいいのかもしれません。

そのため、自分の体質・ライフスタイルにあったダイエット法を見つけることが一番大切だと言えます。

これから、ダイエットでの大切なことを話していくため、自分にできそうなものから

「すぐに実践していきましょう」

「何が原因で太ったのか」という自己分析をしましょう

まずは、1日の食事メニューを一週間分メモしてみると良いです。

また、食事以外でも「就寝時間」「食事の時間」「運動時間」など1日何をしたかを日記としてメモしてみてください。

食事に原因が見当たらないという人は、もしかしたら食事以外のところから痩せない原因を作ってしまっている可能性があります。

ちなみに、これを読んでいるアラサー女性・アラサー男性のみなさん。

年齢を重ねるごとにストレスや運動不足の影響で、体は「脂肪をためこみやすく」なっています。

「痩せたいから」と食事を抜けば体重は一時的に落ちますが、食べ始めるとすぐに元通りになります。

そればかりか、食べないことで体が飢餓状態になり、さらに脂肪をためこみやすくなります。

「年齢を重ねるごとに痩せにくくなってしまう」ということをお忘れなく!

痩せるための就寝時間とは?

皆さん、寝る前に「YouTube」「Netflix」「テレビ」などは見過ぎていませんか?

就寝前に携帯や動画を見過ぎてしまうと、睡眠の質が下がり、「睡眠不足」に陥ってしまいます。

睡眠不足はストレスを招き、それにより食事量が増えて運動量が減ります。

また、ストレスを感じてしまうと、筋肉を分解してしまうホルモンが出てしまい、結果として、太りやすくなる…ということが科学的にも実証済みです。

まずは、

「寝る前一時間前の携帯やYouTube視聴」をやめる。

睡眠時間の理想は7時間ですが、”最低でも6時間”は睡眠をとるように心がけましょう。

「痩せやすい食事のタイミング」を知ろう

「自分が食事をした時間」を皆さんは気にしたことはありますか?

毎食の時間がバラバラで、時には夜遅くに食事をすることがあるという方はいないでしょうか?

「何を食べたら痩せるか、太るか」とあわせて、「食事を摂るタイミングも重要」となります。

まずは、自分が毎日何時に食事をしているかということをメモしてみましょう。

メモした中でこんな方はいませんか?

「食事の時間があき過ぎてしまう」「夕食の時間が寝る前になっている」

「私だ」という方は、そのことが原因で痩せなくなってしまっている可能性があります。

「食事の時間が空きすぎてしまう方」は、

それだけ空腹の時間が多いこととなり、一回で食べる量が増えてしまう可能性があります。

また、血糖値が上がりやすくなり、脂肪として蓄えられやすくなるため、おにぎりやプロテインなどの間食を入れると良いでしょう。

「夕食の時間が寝る前になっている方」は、

就寝前に食事をしてしまうと、活動しないため食べたものがあまり食費されない状態になってしまいます。

就寝中に消費できなかったカロリーがそのまま脂肪として蓄積されやすくなります。

そのため、夜の食事量を極端に減らしたり、食べなかったりする方は多いはずです。

そうすると、また食事時間が空いてしまいますし、お腹が空いて夜中に起きたりなどかなり空腹に耐えなければなりません。

無理なく上手に痩せるには、摂取カロリーを抑えるだけではなく「夕食の時間帯」も重要です。

夕食は、最低でも就寝の「2時間前」には終わらせるようにしましょう!

週に最低2回は運動を行いましょう

皆さん、週に何回体を動かせていますか?

「1日何時間も体を動かしなさい」「毎日体を動かしなさい」とは言いません。

最低でも、週に2回

「筋トレ」「ウォーキング」「ランニング」どれかをするようにしましょう。

そうした適度な運動で、痩せやすい体を身に付けることができます。

まずは無理なく、運動を行いましょう。

まとめ

・まずは、なぜ痩せないのかという原因を探るために1日の動きのメモを取る

・そこから痩せない原因を探す

・原因をなくしつつ、痩せやすい習慣を取り入れる

このような順序で行なっていくと、計画的に痩せることができます。

また、習慣を見直すことでリバウンドの心配もなくなってきますので、是非試してみてください。


この記事を書いたトレーナー

・全米エクササイズ&コンディショニング認定トレーナー
・元消防士 救命ランナーとしてフルマラソン3回完走
体質改善・ボディメイク・アライメントケアが得意です

パーソナルジムPLUME溝の口では、ダイエット・ボディメイクに特化したトレーニング・食事方法を提供しております。

“人生最後のダイエットにしたい“・”絶対に体を変えたい“そんな方を徹底サポート致します。 理想のカラダを手に入れるダイエットやボディメイクに初めて挑戦される方、 本気でトレーニングに向き合える方におすすめいたします。

無料カウンセリングはこちら
LINE@からのお問い合わせも受け付けております⬇︎ 友だち追加

 

関連記事

  1. トレーニング中に携帯はNG?トレーニング効果が下がる理由

  2. 脚の浮腫み、原因と改善方法

  3. ボディメイクとダイエットの違いって何?あなたの理想の体はどっ…

  4. 鯖缶の勧め!

  5. まだ間に合う!食べ過ぎた翌日から行うべき対処法とは!?

  6. 食欲が収まらない、ドカ食いしてしまう原因と対策