筋トレ前後の栄養摂取

こんにちは!パーソナルジムPLUMEのトレーナー村越です!

朝起きて直ぐのタイミングや、会社での仕事を終えてからトレーニングをする際の食事について纏めました。

空腹のほうが脂肪が燃えやすい、トレーニング後に食べると吸収が良いから太りやすい、など俗説もありますが本当でしょうか!?

・空腹での筋トレがいけない理由

結論から言うと、【空腹でトレーニングするのは最悪】です。
二つの理由があります。

①筋トレで力がでない

筋トレの様な比較的強度の高い「無酸素運動」は糖質をエネルギ―として行います。空腹時間が長かったり、起きて直ぐのタイミングは体内の糖質量が少なくなっています。トレーニングの1〜2時間前にしっかりと食事をして、エネルギッシュにトレーニングに臨みましょう。強度の高いトレーニングがしっかりと筋肉と付けるうえで重要です。

②筋肉が減りやすくなる

起床直後は特に血糖値が下がっている状態です。この状態でのトレーニングをすると、不足のエネルギーを筋肉を分解することで得ようとします。確かに僅かに体脂肪の燃焼も促されますが、筋肉を増やす為の筋トレなのに筋肉の分解が促進されてしまうのは本末転倒です。

・どんなものを食べればよいか

①糖質
先述した通り、糖質はトレーニング時のエネルギーとして重要です。お米やイモ類は脂質を含まず消化もスムーズに行われるのでお勧めです。

②たんぱく質(アミノ酸)
トレーニング中に血中アミノ酸濃度(血液中のたんぱく質の濃度)を高めておくと、トレーニング中の筋分解を防ぎ、筋肉の合成を高める事ができます。トレーニング前にあまり脂質の多い物を食べると消化器官の活動に負担がかかり、トレーニングのパフォーマンスが低下してしまいます。脂質の少ない鶏の胸肉や、赤身の魚がお勧めです。トレーニング迄の時間があまり無い方はプロテインを利用すると良いでしょう。

よくある誤解・トレーニング後は吸収が良く食べると太りやすい

こういうの聞いた事ありませんか。

前半の「トレーニング後は吸収が良く」というのは半分正解です。
正確には「トレーニング後は【筋肉への】吸収が良く」となります。

食べたものは【筋肉】【肝臓】【体脂肪】に吸収され、一部は熱として代謝されます。
筋トレをした後は筋肉に優先的に栄養が取り込まれるようになります。つまり体脂肪は増えにくいタイミングなのです!

トレーニング後はプロテイン

トレーニング中も血中アミノ酸濃度が徐々に低下していきます。トレーニングを終えたらプロテインを飲みましょう。速やかに血中アミノ酸濃度を高めて筋肉合成モードに切り替えましょう。最後のプロテイン摂取まで完了してトレーニングは完結です!

まとめ

適切なタイミングで栄養補給に取り組み、エネルギッシュなトレーニングに取り組みましょう。太りにくいタイミングでしっかり食事を摂ることも太り難い体質作りには必要です!

 


この記事を書いたトレーナー

・トレーナー歴10年
・ダイエット&ビューティースペシャリスト
・某大手女性専門ジムにて年間100人以上に指導
・トレーナーを育成する教育担当経験有
体質改善・美脚・美尻作り・筋量アップが得意です

パーソナルジムPLUME溝の口では、ダイエット・ボディメイクに特化したトレーニング・食事方法を提供しております。

“人生最後のダイエットにしたい“・”絶対に体を変えたい“そんな方を徹底サポート致します。 理想のカラダを手に入れるダイエットやボディメイクに初めて挑戦される方、 本気でトレーニングに向き合える方におすすめいたします。

無料カウンセリングはこちら
LINE@からのお問い合わせも受け付けております⬇︎ 友だち追加

関連記事

  1. 痩せたい人必見!太りやすい食べ物3選

  2. ダイエット(減量)のモチベーションを保つコツとは?

  3. 小食なのに痩せない!?理由と正しい方法

  4. 理想の体を作るには自分に合った「正しいフォーム」が大事

  5. ダイエット中の果物の食べ方

  6. 有酸素運動でダイエットを成功させるポイント