有酸素運動はダイエットに効果あるの?

こんにちは!パーソナルジムPLUME 溝の口店トレーナーの三好です。今回は、有酸素運動のダイエット効果ついて、ご紹介していきます。

「ダイエットに有酸素運動って必要なの?」

ダイエットをしている方はこういった疑問を持ったことがあるのではないでしょうか?

果たして、ダイエットや減量に有酸素運動は必要なのでしょうか?

このことについて、ご紹介していきますのでみなさん一緒に考えていきましょう!

有酸素運動とは?

有酸素運動とは、ウォーキングやジョギング、エアロビクス、サイクリング、水泳など、長時間継続して行う運動を指します。

もう少し詳しくお伝えすると、”酸素を使う方法でエネルギーを生み出している運動”の事です。

酸素を使ったエネルギー産生はゆっくりだけど、長い時間エネルギーを供給し続けられるという特徴があります。

また、筋トレなど短い時間に大きな力を発揮する強度の高い運動のことを無酸素運動といいます。

筋肉を動かすためのエネルギーを、酸素を使わずに作り出すことからこのように呼ばれています。

有酸素運動は、ダイエットに必要なのか?

最初に結論をお伝えします。

「有酸素運動はダイエットにとって優先順位は低い。しかし、取り入れたほうが良い人もいる」

これが結論です。

ここから先は、「どんな人にとって必要なのか」「こんな人には必要ではない」

ということを詳しくお話ししていきます。

まずは、食事と筋トレ

1時間で200kcalの消費を多いと感じるか、少ないと感じるかは人それぞれですが、1時間もかける割には効果が少ないなと私は感じます。

ダイエットだけをする生活や、全てをかけて臨む大会に向けて1gでも脂肪を落とした時であれば、時間をかけて実施するメリットはあるとおもいますが、仕事や子育て、家事、勉強、娯楽などやりたいこと、やらなければいけないことは沢山あるはずです。

であれば、1時間かけて200kcalを消費するのではなく、食事から200kcalを減らした方が効率が良いのではないでしょうか。

また、有酸素運動は筋肉を増やしにくい運動です。

ダイエット中は筋肉が減りやすい状況ですので、有酸素運動をすることで筋肉が落ちてしまう可能性もあるのです。

ダイエットで筋肉を減らすことはリバウンドや健康を損なってしまうリスクを高めますし、理想的なボディラインから遠くなってしまうかもしれません。

そういった意味で、1時間という時間があれば、筋肉を残し、増やす可能性もある筋トレを行ったほうが良いと考えています。

有酸素運動が必要な人とは?

「日常で運動量が極端に少ない人」

特に女性のダイエットを計画するときや在宅ワークの人のダイエットを計画するときに、有酸素運動をして頂きたいとお願いするのがこのパターンです。

ダイエットは摂取カロリーよりも消費カロリーを少なくする必要があるのですが、基礎代謝と呼ばれる生命活動の維持に必要なカロリーよりも消費カロリーを少なくすることはおすすめできません。

例えば基礎代謝が元々少なく、1日で1000歩もあるかないなど、日常生活での消費カロリーが極端に少ないと、基礎代謝と消費カロリーの差が少なすぎて、アンダーカロリーの状態を作りにくくなってしまうのです。

有酸素運動が不要な人とは?

筋トレの頻度が高く(週3〜5)、日々通勤などで一定距離を歩いていたり、お仕事自体が立ち仕事だったりする方にとっては基本的に有酸素運動は必要はないと言えます。

有酸素運動の注意点とおすすめの方法

有酸素運動は同じ動きを何回も繰り返すことになるという点に注意しなければいけません。

筋トレは種目を変えながら行うため、ずっと同じ動きをするわけではありませんが、ほとんどの有酸素運動は同じ動作を長さを時間繰り返すことになり、この点においては、身体への負荷は筋トレ以上に大きいとも言えます。

例えばジョギングは地面から関節が受ける衝撃も大きく、膝などの故障につながる場合があるとも言われていますし、股関節の可動域は思っているよりも少なく、動きの範囲が限定的です。

こういった体への負担や刺激も踏まえて考えると、筋トレに加えてに有酸素運動を取り入れるのであれば大股のウォーキング、ステップ台をつかった踏み台昇降などがおすすめです。

また、筋トレも有酸素運動も行う場合は、より筋トレの効果を引き出すため、筋トレより後に行うとよいとされています。

筋トレの前に長時間の運動をすると、筋トレの質が下がってしまいます。

これらのことを踏まえて、有酸素運動のやり方やタイミングを考えると良いでしょう!

まとめ

・有酸素運動より筋トレと食事を大切にする

・有酸素運動が必要な人と不要な人がいるため、自分がどっちに当てはまるのか振り返る

・有酸素運動のやり方やタイミングにも工夫する

この記事を参考に、効率よくダイエットや減量を行いましょう!


この記事を書いたトレーナー

・全米エクササイズ&コンディショニング認定トレーナー
・元消防士 救命ランナーとしてフルマラソン3回完走
体質改善・ボディメイク・アライメントケアが得意です

パーソナルジムPLUME溝の口では、ダイエット・ボディメイクに特化したトレーニング・食事方法を提供しております。

“人生最後のダイエットにしたい“・”絶対に体を変えたい“そんな方を徹底サポート致します。 理想のカラダを手に入れるダイエットやボディメイクに初めて挑戦される方、 本気でトレーニングに向き合える方におすすめいたします。

無料カウンセリングはこちら
LINE@からのお問い合わせも受け付けております⬇︎ 友だち追加

 

関連記事

  1. 【理想の体になるには何をしたらいいの?】目的と悩み別に取り組…

  2. 脚の浮腫み、原因と改善方法

  3. トレーニング中に携帯はNG?トレーニング効果が下がる理由

  4. ボディメイクとダイエットの違いって何?あなたの理想の体はどっ…

  5. 太っている人必見!痩せるための習慣とは!?

  6. ダイエットを成功させるには休息・睡眠が重要!