体重が減らなくなった!?ダイエットの停滞を打破する方法はあるの?

こんにちは!パーソナルジムPLUME 溝の口店トレーナーの三好です。今回は、ダイエット中、一番の敵である停滞についてご紹介していきます。

この間まで、順調に体重が減っていたのに、「急に体重が減らなくなった」

食事制限や運動をしているのに「全く変化が現れなくなった」

など、ダイエット中の方やダイエットをしたことがある方ならこのことにかなり悩まされたのではないでしょうか?

私は、トレーナーとしてお客様い食事指導をしていますが、プロのトレーナーが食事指導をしても必ず停滞は、起きてしまいます。

では、「停滞はなぜ起きるのでしょうか?」

また、「停滞を打破する方法はあるのでしょうか?」

このことについて、ご紹介していきます。

ダイエットの停滞とその原因

ダイエット停滞期とは?

ダイエットの停滞期とは、それまで減っていた体重が減らなくなることです。

ダイエット経験者の多くの人が通ってきた道ではないでしょうか。

頑張りが足りないのではなく、体に備わっている防衛本能によって起こるといわれています。

しかし、実際に食べ過ぎていることもあるので、食事量や運動量も再確認したほうが良いです。

停滞の原因は?

ダイエットのために食事量を減らし、体重が減ってくると、身体が飢餓状態にあると勘違いをしてしまうという説があります。

この飢餓の状態にあっても、血糖値や血中酸素濃度などを一定に保とうとするのが

「ホメオスタシス機能」

これ以上体重が減るのは危険だと身体が判断し、エネルギーの消費量を減らして体重の減少を止めてしまうのです。

女性は”要注意”

女性の生理周期には2つの女性ホルモンが関係しています。

ダイエットに適した時期にも影響するので、認識している人も多いでしょう。

美人ホルモンともいわれるエストロゲンは月経後に増加、女性らしい肌や髪を作ります。

このエストロゲン分泌の時期がダイエットに適した時期です。

反対に、生理前に増加するホルモンがプロゲステロン。

妊娠に関わるホルモンで、食欲を増進させるほかイライラするなど気分の不安定さにもつながります。

この時期は太りやすい時期。

ダイエット停滞期が起こりやすく、浮腫なども出てきて体重が増え、諦めて食べてしまいリバウンドをしてしまう時期です。

女性は、月経後に体重が減りやすい時期が来るのでこの太りやすい期間は、

“我慢の時期”になってきます。

実際に、女性のお客様はこの時期にかなり不安になり、悩まれることが多いので、

PLUMEジムでは、しっかり精神面もサポートし、

“お客様とトレーナー二人三脚”で頑張っております!

停滞期の判断基準と打破の方法

停滞期は判断できるの?

ダイエットの停滞期は、開始から1ヵ月程度でくることが多いと言われています。

判断の基準としては、体重の減少率があげられます。

体重が5%減ると、脳がエネルギーの消費を抑えだし、より多く吸収しようとします。

50kgの5%は2.5kg。1ヵ月で2~3kgほど減って、停滞期に突入すると考えられます。

体重は、朝一の体重を判断材料としましょう。

その中でも、お手洗いに行った後や前でかなり違ってきますので、体重を測る前に行くのかどうかを自分で決めておくようにしましょう!

参考ではありますが、大体、1週間から10日体重が全く減ってないと停滞していると

私たちトレーナーは判断します!

停滞打破その1:チートデイ

ダイエット停滞期を打破する方法として有効とされるのが、チートデイです。

チートは「だます、反則をする」というような意味。ダイエットを一時中断し、摂取カロリーを増やします。

たくさん食べることで、飢餓状態と勘違いしていた脳に「栄養は十分だ!」と判断し直させ、意図的に擬似飢餓を脱します。”

正しく行えば、抑えられた代謝量が再び上がり、体重が減りやすくなります。

体重がどんと増えることもありません。

一方で、チートデイが効果的だという主張は嘘だという説もあります。

その理由の1つが、リバウンドの原因になるからです。チートデイは摂取カロリーを一時的に増やしますが、食べ放題なわけではありません。

”規程以上を食べたり、「今日はチートデイにしちゃおう」と自分に甘くなったりすると、チートデイがリバウンドを引き起こす場合も考えられます”

私が担当しているお客様の場合、なんでも食べていいチートデイではなく

”炭水化物はいくらでも食べていいハイカーボデイ”を設けたりしています。

脂質と炭水化物を一気にとってしまうと脂肪に変わりやすい可能性が出てくるというのが、理由の一つです。

停滞打破その2:栄養素のバランスを変える

基本的に、ダイエットでは、「脂質を抑えるダイエット」「炭水化物を抑えるダイエット」どちらかをしていると思います。

そのため、脂質を抑えるダイエットをしている人には、わざと良質な脂質の豊富なアボカドや青魚を食べてもらい、体に刺激を与えます。

逆も然りです。

この、やり方は、チートデイをする前に試したほうが良いです。

意外と気分転換になって、食べたい欲が治る場合もあります。

まとめ

ダイエットには付き物といえる、停滞期。

頑張っていればいるほど、体重がなかなか減らない現実に打ちのめされそうになりますよ。

チートデイや紹介した食事方法を参考に、停滞期を切り抜けましょう。

そのほかにも、停滞を打破する方法は多くありますので、調べてみてください。

また、トレーナーはいろんな引き出しを持っているので、ジムに通われている人は、トレーナーに聞いてみてください!


この記事を書いたトレーナー

・全米エクササイズ&コンディショニング認定トレーナー
・元消防士 救命ランナーとしてフルマラソン3回完走
体質改善・ボディメイク・アライメントケアが得意です

パーソナルジムPLUME溝の口では、ダイエット・ボディメイクに特化したトレーニング・食事方法を提供しております。

“人生最後のダイエットにしたい“・”絶対に体を変えたい“そんな方を徹底サポート致します。 理想のカラダを手に入れるダイエットやボディメイクに初めて挑戦される方、 本気でトレーニングに向き合える方におすすめいたします。

無料カウンセリングはこちら
LINE@からのお問い合わせも受け付けております⬇︎ 友だち追加

関連記事

  1. 【理想の体になるには何をしたらいいの?】目的と悩み別に取り組…

  2. ダイエット中の人必見!横腹のお肉を無くす方法とは!?

  3. ダイエットをしている人必見!「朝ごはんは食べた方がいいの?」…

  4. 脚が太くなる原因と脚痩せに関する誤解について

  5. ダイエットにオススメの糖質ベスト3

  6. 女性のダイエットではタンパク質が重要!?