ストレッチの効果と上手に伸ばすコツ

こんにちは!パーソナルジムPLUMEのトレーナー村越です!

何となくストレッチが良い事だと言う事は簡単に想像できると思います。ただストレッチをするだけでは痩せる事はありません。ではストレッチでどんな効果が得られるのか、今回は纏めました。

①姿勢が良くなる

姿勢の悪さ、スタイルの崩れが気になる方は、骨盤の角度や肩の位置にズレが生じている事が原因です。

これらは骨や骨盤自体が曲がったりしている訳では無く、骨に付いている筋肉が硬い事で起こります。

例えば

・腿の裏の筋肉が下腿と骨盤を下に引っ張りお尻が垂れる。

・胸の筋肉が硬くて肩を前に引っ張り巻き肩になる。

この様な感じです。

マッサージや整体で身体がスッキリするのも施術により硬い筋肉が弛緩するからです。

ストレッチをマスターすれば正しい姿勢を保つ事が出来ます

②トレーニングの効果も上がる

筋トレとは「負荷を掛けた状態で筋肉を伸ばしたり縮めたりする行為」です。身体が硬いと筋肉が伸びた時にしっかりと負荷をかける事ができません。

ベンチプレスで胸に効かない、スクワットで深くしゃがめない、などは柔軟性の不足から生じます。

ストレッチをして筋肉の伸び縮みがスムーズに行える様になると筋トレの効果が一気に高まります。

③疲労回復

ストレッチをする事で身体の疲労回復を促す効果もあります。

トレーニング終了時には乳酸などの疲労物質がたまっていますが、ストレッチを行うことでこれらの物質を取り除くことができます。

結果的に身体の回復を早めることが出来ます。

また、ストレッチを行うことで、副交感神経の働きを高める事が出来ます。

睡眠の質を向上させたりストレスホルモンの分泌を抑制する事ができ、ダイエットの効果を高める事も期待できます。

上手にストレッチするコツ!

①静かにゆっくり伸ばす

硬いからといって反動や勢いをつけたストレッチを行ってもあまり効果はありません。いきなり急に伸ばすと【伸張反射】という防衛反応が現れてしまい、逆に硬くなってしまいます。

静かにゆっくり伸ばす事が大事です。

②気持ち良い範囲で伸ばす

しっかり伸ばすと初めては少し痛みがあるかもしれません。しかし無理して痛みに耐える程伸ばす必要もありません。伸ばした分と柔軟性は比例しないからです。

痛気持ちいい〜くらいの範囲で伸ばす様にしてみましょう。

③時間をかけて伸ばす

筋肉が緩む仕組みは【ゴルジ腱器官】という受容器がストレッチで生じた張力を感知し、「このままでは筋肉が断裂してしまうので緩くしよう」という働きに因るものです。

このゴルジ腱器官が一連の働きをするまでに40秒から1分程度の時間を要すると言われています。

ストレッチも時間をかけて、少なくとも40秒位は姿勢をキープしてやってみて下さい。

まとめ

ストレッチは【姿勢改善】【筋トレの効果を高める】【疲労回復】この3点に効果的!

・上手なストレッチのコツは無理しない範囲で時間をかけて伸ばす

以上のポイントに気を付けて、ストレッチを取り入れて見て下さい!


この記事を書いたトレーナー

・トレーナー歴10年
・ダイエット&ビューティースペシャリスト
・某大手女性専門ジムにて年間100人以上に指導
・トレーナーを育成する教育担当経験有
体質改善・美脚・美尻作りが得意です

パーソナルジムPLUME溝の口では、ダイエット・ボディメイクに特化したトレーニング・食事方法を提供しております。

“人生最後のダイエットにしたい“・”絶対に体を変えたい“そんな方を徹底サポート致します。 理想のカラダを手に入れるダイエットやボディメイクに初めて挑戦される方、 本気でトレーニングに向き合える方におすすめいたします。

無料カウンセリングはこちら
LINE@からのお問い合わせも受け付けております⬇︎ 友だち追加

関連記事

  1. トレーニング中に携帯はNG?トレーニング効果が下がる理由

  2. ダイエット中にトレーニング出来ない日の食事

  3. 初心者が効率良く筋肉を増やすトレーニングプログラム

  4. お腹の引き締めに必要な事

  5. 筋肉痛の原因と回復の促し方

  6. プロテインってどんな種類があるの?